(株)霜鳥の歴史とあゆみ

体育館工事・器具工事の歩みです

 

体育館・床金具天蓋改修工事始まりした。

体育館・床金具天蓋改修工事です

床金具天蓋改修

バレーとバドミントンの床金具が経年劣化により変形・破損した状態です。
蓋が変形によって閉まらず危険が想定されます。
体育館の床金具はレベルがフローリングと同じになっていなければなりません。
良く変形によりフローリングより上がってしまっていることがありますが、つまずきや転倒の危険があるため何らかの処置をする必要があります。
気づかない場合もありますので、定期的に浮き上がりや開閉の確認、変形が無いかなど点検することをお薦め致します。
また役物の回りなどは傷みやすいため、床金具以外の周辺部位・部材も確認してください。

お問合せはこちら

関連記事

過去のメンテナンス情報一覧(月別)





施工事例や工事の流れを動画で解説しています

弊社と共にスポーツの未来をつくりませんか

フロアーのメンテナンスを分かりやすく解説

床のお悩みのご相談に弊社担当者がお答えしています

ページ上部へ戻る